メインイメージ画像

子供の才能を開花させるためには初等教育こそが重要である

可能性は大事だと思うそして教育は子供の将来の可能性を伸ばす上で非常に重要な意味を持ちますが、すべての子供たちがプロの野球選手や大学教授などになれるというわけではないのです。こうしたごく一部の人にしかなれないような仕事に就くには個人の腕前はもちろん、運やタイミングという操作不可能な事柄も関わってくるので、教育だけではどうにもならないということもあります。ただ、本来こうした夢を実現出来る才能を持つ子供が、適切な教育を受けられなかったため、夢を実現出来なかったという場合も起こります。それは、その子供にとっても非常に不幸なことなので、教育の果たすべき役割や責任は大きいです。



その子供の才能を伸ばすには、例えばサッカー選手になりたいのならばサッカー教室またはクラブチームに所属するなど小さい頃からの体験が大切になります。しかしながら、こうしたスポーツ分野ではなく多くの子供が将来就くのは一般企業での業務です。しかし、いろいろな技術が高度に発展した現代では、こうした一般企業でも様々な才能やスキルが求められます。



パソコンを特に専門的に扱うのならば、プログラミングなどが依頼されますし、マーケティングのカテゴリーでは高度な統計処理など様々な技能が必要です。こうした技術を獲得出来るかどうかもある程度は才能や生まれ持ったものがポイントになりますが、これらを上手く活かせるようにするのが教育の果たす重大性でもあります。

教育は特に初等教育の場合、子供の今後の知的生産性へ非常に影響します。

読み書きや計算といった基礎教育につまずくことなく、高等教育機関に進学するためには適切な大人のサポートが不可欠で、いくら理論上才能豊かな子供でもここで失敗すると潜在的な能力を活かしきるということは不可能です。このような初等教育などで十分なサポートを受けて初めて、子供は自分の才能を生かせる分野により努力や能力を発展させていくので、小中学校時の教育は重い責任となって親や教師にのしかかります。子供の才能を潰さないために、丁度いい教育が社会全体で要求されているのです。